2年がん教育

今日の5,6校時に、2年生を対象に「がん教育」を実施しました。この「がん教育」は、長浜市と「よりよいがん治療をめざす近江の会」の協力を得て行うもので、講師として前半は、市立長浜病院のがん対策推進室長の伏木先生に「自分とみんなの命を守るために ~本当は恐くないがんのお話~」をテーマにご講話いただきました。がん発生のメカニズムやがんにならないための予防法、がんになった場合の治療法など、医学的なお話を動画を交えながらわかりやすく教えていただきました。特に、今は二人に一人ががんになる時代で、がん細胞は健康な人でも一日5,000個以上でき、体の免疫システムにより駆除していることやがんは生活習慣に大きく影響を受けるため、たばこを控えたりお酒を飲みすぎないようにしたり、適度な運動をすることが大切だと教えていただきました。生活習慣と併せて、こまめな検診も早期発見につながり、完治しやすいことも学びました。

休憩をはさんで後半は、「よりよいがん治療をめざす近江の会」の藤井先生から、「舌がんを乗り越えて」をテーマにご講話いただきました。自身の舌がんの経験をもとに、がんの治療法など、がんに関する知識をもつことや、治療法は患者自身が積極的に選択すべきこと、検診率を上げ早期発見・早期治療につなげることなどを教えていただきました。また、中学生にもできることとして抗がん剤治療で髪を失った人へのヘアードネーションや家族に検診を勧めることについても学びました。

2時間にわたる学習でしたが、最後までしっかりと話を聞くことができました。ぜひ、お家に帰ってから、家庭の方でも話題にしてほしいと思います。

本日お忙しい中、ご来校いただきました、長浜市民病院の伏木先生、より良いがん治療をめざす近江の会の藤井先生をはじめ会員の皆様、そして長浜市職員の皆様、本日はありがとうございました!

県内私立入試

今日は、滋賀県内の私立高校の入試がありました。今日は併願入試ということで、3年生の多くの生徒が志望校に受験に行きました。朝から、3年生職員の何人かは駅や校地内でチェックをするために出かけました。無事に全生徒が試験会場に入った連絡があり、まずは一安心です。あとは、生徒一人ひとりが合格を目指して力を発揮してくれることを祈るばかりです。

私立高校の受験のない生徒は、朝の10時に登校し、2時間自習をして下校となりました。大部分の生徒が受験のため、各教室には6~7人くらいしかいなくて閑散とした状態でした。一人ひとりがそれぞれの自習課題に黙々と取り組んでいました。明日は同じく私立の専願入試が行われますが、受験者は少ないので、通常通りの授業となります。

受験応援メッセージ

相変わらず寒い日が続いています。2月に入り、いよいよ3年生は本格的な受験のシーズンを迎えました。昨日まで放課後の面接練習を行ってきましたが、明日・明後日と県内私立の入試となり、今日は受験する生徒を放課後に残して前日指導を行いました。

2月5日(日)は岐阜の大垣日本大学高校、2月7日(火)は県立高校の推薦 選抜、特色選抜、スポーツ文化芸術推薦選抜と試験が続きます。3年生にとっては、今が正念場です。自分を信じて、これまで積み上げてきた努力の成果を出し切れるように頑張ってほしいと思います。

そうした3年生に対して、生徒会では「受験応援メッセージ」という企画を立て、取り組みました。1月に生徒会評議員会で提案があり、1,2年の学級で桜の花びらを模したメッセージカードを作成し、現在3年生の教室前廊下の壁に掲示しています。体育祭などの行事や生徒会、部活動等でお世話になった先輩たちが、この受験を無事に乗り越えて、進路実現が果たせるよう、一人ひとりが思いを込めて応援メッセージを書いています。後輩たちの思いを追い風に、試験当日は存分に力を発揮してほしいと思います。これまで様々な舞台ですばらしい活躍を見せた3年生ですから、必ずできると信じています。がんばってください!

下は、3年生の先生からのメッセージです。

 

ALTの掲示板

以前にも紹介しましたが、本校のALT(アシスタント・ラングエッジ・ティーチャー)のクリス先生は月ごとにテーマを決めて掲示物を作って、掲示していただいています。今回のテーマは、新年に関するテーマでした。英語で1月はJanuaryですが、この語源はローマ時代のヤヌス(Janus)という神に由来していることや、カナダで冬のこの時期に行われるPolar Bear Plunge(北極熊の飛び込み)についての紹介文などが掲示されていました。このPolar Bear Plungeは、寒いこの時期にあえて冷たい湖などに飛び込むもので、日本でいう「寒中水泳」みたいなものかもしれません。ただ、この目的は慈善活動で、募金を集めて、経済的に困っている人たちへの寄付を行うようです。また、豆知識として、英語のBless youの使い方についての説明もありました。英語圏では、相手がくしゃみをしたときにこの「Bless you」と応じるのが礼儀だそうです。このBless youというのは、God bless you.(神のご加護を)が略されたもので、古来よりくしゃみは、体の中の悪い魂を追い出すものとされ、 相手を気遣っての言葉とされていたようです。今では、その宗教的な意味合いは薄れましたが、くしゃみをした相手にその言葉をかけないと逆に失礼にあたるようです。日本で言えば、くしゃみをした相手にかける「お大事に」と同じような意味合いかもしれません。

また、おなじみのイラストコーナーでは、兎年だけに、テーマはウサギでした。すでに多くの生徒たちがオリジナルのウサギを描きこんでいました。中には、ウサギとはもはや別の生き物のイラストも入っていたりしてにぎやかでした。休み時間などに生徒たちは足を止めてイラストコーナーの絵を見ながら、談笑していました。

重奏コンテスト滋賀県大会

1月28日(土)、ひこねし文化プラザにおいて、第18回中部日本個人・重奏コンテスト滋賀県大会が開催され、本校吹奏楽部も出場しました。このコンテストは、中部日本吹奏楽連盟滋賀県支部と中日新聞社が主催となり行っているもので、中学校では重奏コンテストということで、管楽器や打楽器、金管や木管などの楽器を2人から8人くらいで演奏するもので、本校は管打6重奏として出場しました。すなわち、管楽器と打楽器の組み合わせを6人の生徒が演奏するものでした。演奏した曲目は、山下祐香作曲の「春の扉」でした。わずか1曲だけの演奏で、時間にして数分の短い発表です。1曲の短い時間のために、何時間も前に学校を出発し、音合わせなどの用意をして臨みます。吹奏楽をはじめとする音楽の世界の奥の深さをしみじみと感じます。また、毎回のことながら、こうしたコンクールやコンテストは、会場内での写真やビデオ撮影が禁止されており、演奏の様子をお見せできないのは残念ですが、6人が日ごろの演奏の結果を発揮して、すばらしい演奏を披露してくれました。結果は残念ながら銅賞でしたが、多くの観客の中、貴重な経験ができたのではないかと思います。今後の練習において、この経験が生きることを願っています。出場した6名の皆さん、お疲れさまでした。またこの6名をサポート、応援にきてくれた吹奏楽部の仲間たちもお疲れさまでした。