生徒が学びを実感できる授業づくりを目指して! 「教える」から「学ぶ」へ!

昨日(6/22)、滋賀県教育委員会主催の「学ぶ力向上学校訪問」があり、県教委の福永主査と市教委の河瀬副参事に来校いただきました。

本校では、校内研究のテーマとして『「主体的で対話的な深い学び」の実現につながる「読み解く力」の視点を踏まえた授業実践』を掲げ、授業力の向上に努めていきたいと考えています。

ねらい目標を明確にし、1時間の授業の流れ振り返りを見える化した授業づくりを目指しています。

コロナ禍の影響もあるのでしょうが、どうしても旧態依然とした「詰め込み型」「説明型」の授業になりがちです。今後も引き続き『「教える」から「学ぶ」へ』を合言葉に、学校一丸となって、生徒の学びを主体にした授業づくりに取り組んでいきたいと考えています。

高月中学校P