生徒会による「朝のあいさつ運動」実施中!

現在、生徒会が主体となって、定期的に「朝のあいさつ運動」を実施しています。生徒会役員が自作した「タスキ」を肩にかけ、登校してくる生徒に元気に声をかけてくれています。

今日(2月26日)は、高月学区の主任児童委員の方もあいさつ運動に参加してくださいました。

今年度の学校評価における「自ら進んで元気よくあいさつする」の項目

教員:71%  保護者:63%  地域:71%  生徒:89%

この結果からもわかるように、生徒は主体的にあいさつをしているつもりでも、教員や保護者から見ればまだまだ不十分で、もっと元気よくあいさつする生徒を求めていることが伺えます。この結果を生徒にも還元して、さらに明るく元気な学校を目指していきたいと思います。

高月中学校P

学校の近況を報告します!

【近況その1】卒業実行委員会

今年度の卒業式(3月13日)まで、残すところ15日となりました。現在3年生では、すでに合格内定をもらった生徒たちを中心に実行委員会を組織し、卒業に向けたさまざまな取り組みを進めてくれています。

【近況その2】生徒会スローガン

生徒昇降口に、今年度(第74期)の生徒会スローガン「RAINBOW」が掲示されています。サブタイトルは「1人ひとりが主役だカラー」です。このスローガンに込められた願いは、「R(Right)A(Active)I(Imagine)N(New)B(Bond)O(Original)W(Wonderful)」です。

【近況その3】校内研究会

先日(2月24日)の放課後、今年度の校内研究を締めくくる研修会を開催しました。5つのグループに分かれて、研究主題である『読み解く力の視点をふまえた授業実践の在り方』をテーマに、各自の一年間の授業実践を振り返りました。

今回は、ここ最近の学校の様子を紹介しました。これからも、できる限りタイムリーな情報発信に努めていきたいと思います。

高月中学校P

 

 

新入生に対する「出前説明会」を実施しています。

この春、各小学校を卒業して、来年度、82名の新入生が入学してくれる予定です。

現在、高月中学校区の4つの小学校に本校教員(教頭と養護教諭)が出向いて、「中学校生活」や「心と身体のこと」などについて出前説明会を行っています。

「中1ギャップ」という言葉がある通り、小学校を卒業して中学校へ進学した際、これまでの小学校生活とは異なる新しい環境や生活スタイルにうまくなじめず、スムーズに中学校生活をスタートできないことがあります。そんな不安やギャップを少しでも解消するため、小学校と中学校の連携を大切にしています。4月8日の入学式で、新入生の元気な笑顔に出会えることを、心より楽しみにしています。

高月中学校P

3年生「朝の自主学習タイム」

先週(2/8~2/12)、今週(2/15~2/19)と「県内私立高校」「県外私立高校」「県立推薦・特色・スポ文」の合格発表がありました。そして、もう一つの大きな山である「3月9日の一般選抜入試」に向けて、いよいよラストスパートの時期に入ってきました。そんな中、今日(2月19日)から3年生の「朝の自主学習タイム」がスタートしました。

朝7時30分から8時までの30分間、自主的に集まった生徒が、それぞれの学習課題に取り組んでいます。とても緊張感のある雰囲気でした。

一般選抜入試まであと3週間。最後の力を振り絞って、それぞれの進路実現を果たしてほしいと願っています。頑張れ、3年生!

高月中学校P

 

2年生校外学習(ヤンマーミュージアム)

2月16日(火)、2年生の校外学習を実施しました。行先は長浜市内にある「ヤンマーミュージアム」です。目的は、①来年度に控えている修学旅行に向けてマナー集団行動を身につけること、②地元高月町の偉人である山岡孫吉翁の功績を再確認すること、③キャリア教育の一環として働くことの意義を考えること、の3つです。

多目的ホールでオリエンテーションを受けた後、館内をグループごとに自由に回りながら、アトラクション体験コーナーにチャレンジしました。どの生徒も、弾けるような笑顔で楽しんでいました。

2年生も今年一年、コロナ禍の影響でほとんどの行事や取り組みが中止になってしまいました。「ひとつでも楽しい思い出を残させたい」という学年部の願いを受け、できる限りの感染対策を取りながら、実施させていただきました。

ヤンマーミュージアムのスタッフの皆様、大変お世話になり、ありがとうございました。

高月中学校P