公開授業

3校時に、畑中先生が1年B組で「バスケットボール」の授業を、上野先生が2年A組で「浮力」の授業をしてくださいました。
 「バスケットボール」の授業の目標は「スペースを利用した攻撃を意識する」「正しく、安全にゲームができるように、公正・公平に試合を進める」です。ウオーミングアップのときは軽快な音楽が流されていて、自分たちの(大昔になりますね…)ころとはずいぶん違います。タイマーで示された時間を確認し、時間を有効に使った授業が展開されていました。

 「浮力」の授業では「物体の浮力を測定して、浮力の大きさを左右する条件を確認し、粘土を水に浮かす方法を見つける」が目標です。生徒達は試行錯誤しながら、どうすれば粘土を水に浮かせることができるのか、浮力を大きくすることができるか、頭と手を使いながら学んでいました。浮力とはなんぞや、という事を経験的に知ること、また、自分の考えを班の仲間と相談することで深めていくことが大切だなと感じました。

学年集会

1校時に、1,2年生は学年集会をもちました。
それぞれの学年で、学級委員さんを中心に、3学期の反省(各クラスの良かったところ、反省するところ)等を発表してくれていました。その後は、学年ごとに3学期に学年で取り組んだことに対する表彰が行われました。
1年生は「学級対抗で校歌を競う」取り組みをしてくれたようで、講評が学年主任の瀧上先生からありました。
また、2年生は「掃除の取り組み」をしてくれたようで、学年の学級委員会から表彰が行われました。
それぞれの学年が、学校を良くしようと工夫ある取り組みをしてくれています。本当にありがたいことです。

公開授業

6時間目に1年C組で柿木先生の公開授業が行われました。
単元名は「伝統の中の動物たち」です。日本やアジアの獅子を比較して、造形的なよさや美しさ、特徴の違いや共通点をなどを感じ取るという「鑑賞」の授業です。
昔なら、先生が絵を見せて「造形的なよさはここですね」とか、「特徴はここです」「違いはここですね」とか説明されるような感じだったと思います。今回は、注目するポイントは示されましたが、あとは4人班で自分の視点を確認し、友達から学んだことも含めてまとめていくという授業展開でした。4人班を作ることも、意見を出し合うこともスムーズに行えていました。
先生から教えられる、一方向からの知識の習得ではない、新しい学びを深めていきたいと思います。

2年生球技会

今日の午後に2年生の球技会が行われました。
2年生はドッチボールです。
クラス・男女別のリーグ戦です。
和やかな雰囲気のなかにも、クラス対抗という意識も感じました。
元気の良い歓声が体育館に響き渡っていて、元気を少し分けてもらえた気分です。

1年生 球技会

1年生は体育館で学年の球技会を行っていました。
生徒会の体育委員会が中心になって運営されていました。
和やかな雰囲気で、みな楽しそうで何よりです。