今日から期末テスト

今日、明日の2日間、期末テストを実施しています。
各教室には「テストの受け方」が提示され、全員がテストに集中していました。
ご家庭でも、勉強を頑張っている子どもたちに激励をよろしくお願いします。

学ぶ力向上学校訪問

月曜日の午後、「学ぶ力向上」に関わって、県教委・市教委から指導主事の先生にご来校いただきました。

5校時、1年A組 五井先生の英語の授業を研究授業として、その後研修会を行いました。
高月中学校の生徒がどうすれば「学ぶ力」「対話的で深い学び」の力をつけていくことができるのかを、五井先生の研究授業を通して議論し、県・市の先生から指導・助言をいただきました。

本校は、「学び合い」の学習を取り入れて3年目になります。少しずつその成果が出てきていると感じています。研修会を踏まえて、「学び合い」の学習をブラッシュアップする手だてを講じていこうと考えています。

性教育

先週の金曜日、3年生を対象に『思春期の身体やこころの変化について』をテーマに、さいとう助産院の齋藤 智孝先生にご来校いただき、ご指導いただきました。助産師の立場から「性に関する正しい知識」「性感染症、避妊について」「命の誕生について」の3つのことをお話をしていただきました。また、滋賀医大の生徒さんにもお手伝いいただいて、赤ちゃんのだっこ体験等もしていただきました。思春期まっただ中の3年生の生徒達にとって、有意義な学びの時間になったことと思います。

がん教育

昨日の3,4校時に、長浜赤十字病院の副院長で第一外科部長の塩見 尚礼Drと、よりよいがん医療を目指す近江の会の野崎 安美さんに来校いただき、3年生を対象に『「がんの予防と早期発見」を願って』というテーマで講演をしていただきました。
がんについての知識を増やすこと、健康と命の大切さについて考えてみようという観点で、塩見先生にお話いただきました。親しみやすいアニメーションを交えながら、がんは20年近くかかって成長することや、検診を早期にうけることの大切さ、たばこやお酒と食習慣とがんの関係についてもお話をしていただきました。
また、野崎さんからは職場のがん検診がきっかけで早期にがんを発見できたことや、自分ががんと診断されたときにどのような行動をすれば良いのかなど、経験者でなければわからないことを丁寧にお話していただきました。
講演後に、塩見先生からも、野崎さんからも、3年生の皆さんの聴く態度がとても良かったと言っていただきました。先生はとても嬉しかったです。さすが、高月中学校の3年生ですね。

早期に発見すれば、がんは9割近く治る病気と言われますが、日本では検診率が低く、早期に発見できないケースが多いそうです。この機会に、ぜひ皆様も検診にいかれてはいかがでしょうか。

校舎探検

1年生のトイレに写真のようなクリスマスの飾りがつけられていました。その前はハロウィンの飾りがつけられていたので、「あぁ、もうそんな時期なのか」っと思いました。
校舎内にこのような癒やしの場所があることは大事だなと思います。
先生方に感謝ですね。